« M先生,文化功労者受賞! | トップページ | 法隆寺・薬師寺 »

伊勢神宮

マーケゼミの伝統文化産業ゼミ旅行に参加させてもらうことになったので,今日は早起きして伊勢に行きます。

東京から名古屋へ。名古屋から近鉄特急で宇治山田へ。名古屋からでも1時間ちょっとかかります。伊勢って不便なんだよねー。宇治山田からバスで内宮前に向かいます。

Sdsc_0001_1 参道はだいぶきれいになった気がします。前に来たのは10年以上前だったからなー。

Dsc_0003_2 参道にあった手洗い場とお社。

いい雰囲気です。

Sdsc_0009 お伊勢さんといえば赤福。これが本店。

Sdsc_0015 こちらはお店にいた猫さん。

イスの上で寝て,お客さんに撫でられていました。写真を撮っていたらお店のおじいちゃんが出てきて「ほら撮ってもらい~」と猫さんを引っ張り起こしました。

Sdsc_0016 ・・・・。(猫さんごめん)

さて,内宮へと進みましょう。M先生のお知り合いの権禰宜さんのお話を聞きながら進みます。これは宇治橋の上からみた五十鈴川。

Sdsc_0028宇治橋から見た五十鈴川

五十鈴川はむかしは「御裳裾川(みもすそがわ)」といったそうです。 神宝を持って旅していた倭姫命(やまとひめのみこと)がこの地に辿りついたときには衣装の裾が汚れていたので,それをこの川で濯いだことからきているとか。端の欄干についている擬宝珠(ぎぼし)に「御裳裾川」と刻まれていました。風情のある名前だなぁ。

Sdsc_0032 これは神宮の中にいた日本古来種の鶏。真っ白いものはめずらしいんですって。

Sdsc_0042これは忌火屋殿。

天照大神にささげる供え物「神饌」を煮炊きする場所だそうです。

そして神楽殿でご祈祷を受けて,御神楽を見学しました。(神楽殿の中には貴重な器がいっぱい飾ってありました!もっとゆっくりみたかった!中庭もすごく綺麗だったのに~)

雅楽を実際に聞いたのは初めてでした。いいものですねぇ。今度,時間ができたら能か狂言が見に行こうっと。

神楽殿は平安調の建物の御簾や室内の調度の様子がとても素敵でした。平安時代はこんな御簾の中に貴婦人がいたのかなぁとか想像したりして。御神楽の衣装もとても美しかったです。衣装の布は草木染めかなー。なんの草で染めたのかなー(残念ながら撮影不可でした)

Sdsc_0043 神楽殿の外観。キリリとしてますね。

Sdsc_0050_1 正殿の前の石段から。

普通はこの門の向こうまでしか行けないのですが,今回はM先生とご一緒だったので,この門の奥に見える扉の向こう側まで進んでお参りさせてもらうことができました。

お参りのあとは参拝者の通らない正殿の裏の道に案内してもらいました。裏からだと古殿地がよく見えるんですね。古殿地は普通に参拝すると通らないルートだもんなぁ。古殿地は風情があってよかったです。雨が降ってきたので写真はないのですが,鹿まで出てきてました。

外宮にも参拝する予定だったのですが時間がなくなったので,そのまま賢島の志摩観光ホテルへ。豪華ディナーでM先生の文化功労者受賞祝賀会です♪

Sdsc_0067 メイン料理は鮑のステーキ,または

Sdsc_0068 伊勢えびのアメリカンソースのどちらか

うーん,ゴージャス。

M先生を囲んで楽しい夜は更けていきました・・・

|

« M先生,文化功労者受賞! | トップページ | 法隆寺・薬師寺 »

「MOT・勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145472/12517242

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮:

« M先生,文化功労者受賞! | トップページ | 法隆寺・薬師寺 »