« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

徳島旅行2日目<文化に触れる>

翌朝は6時過ぎに起きて温泉へ。ひと風呂浴びてから外へ写真を撮りに行こうと思ったのでした。(年寄りか,わたしは。)

Dsc_1755_1 Dsc_1745

朝の大鳴門橋と漁船。朝日が海に光ってキレイだったんですが写真はイマイチですねー。レンズにフィルターとかいるのかな・・・(おいおい)。

そしていったん部屋に戻って朝食を食べようと洋食ビュッフェのレストランに行ったら激混雑で30分待ちでした。しょうがないので和食のレストランのほうへ移動しました。こちらはまだ空いていたのですが,もうしばらく後だと30分待ちだったようです。あららー。

ホテルが増築して部屋数が多いわりにレストランが少ないので,満室でお客さんが多いとレストランでさばけないんだねー。とM先生がおっしゃってました。さすがですね。そんなことを考えますか。

そして,今日もふたたび大塚製薬バスがお出迎えです。

Dsc_1767 昨日と違うバスですねー。

描いてあるのはカロリーメイトのキャラクターである宇宙人。徳島わじき工場にいるそうです。カルちゃんとかそれぞれに名前もあるんですって。

バスにのったら,会社の方が昨日の工場見学のときに工場の前で撮った写真を大判にプリントして全員に配ってくれました!すごいサービス!感激です!

そしてまず大塚国際美術館へ。陶板印刷で実物大の絵画を1000点以上展示している美術館です。

Dsc_1776

私たちが訪問したのは3月31日でしたが,10周年記念事業で「システィーナ礼拝堂」の天井画を再現したシスティーナホールが4月1日から公開されることになっていました。31日には来賓を招待してのお披露目レセプションがあるのですが,われわれ一行は特別に公開前のシスティーナホールを見学させてもらうことができました!!超ラッキー!

(偉い先生と一緒だといろいろ良い目を見られますわ・・・)

最初の1時間ほど大塚国際美術館の学芸員さんが説明してくれました。この方,16世紀のイタリア美術で博士号をお持ちの方だそうで,図象学とか美術史とか非常に面白い話をしてくれました。

画面に書き込まれている小道具から画家の自画像を推定したり,モチーフの意味を説明してくれたり。

いやー,図象学とかってオタクにはたまらないものがありますね。おもわず美術史の勉強がしたくなっちゃいましたよ。

そうそう。この美術館が面白いのは絵画が陶板印刷で光をあてても劣化しないので,明るい部屋で展示されている,天井画をレーザーポインターで指し示せる(!),写真がとれる,触れる,などといったところです。

あ,でも写真撮ってません。図録買えばいいやと思ってたのですが,1000点もあるとすべてを収録している図録を買うわけにもいかず,特選図録には自分の気に入った絵が収録されてませんでした・・・。好きな絵だけでも写真とっておけばよかった・・・。

先の学芸員さんはこの美術館を評して「ThreeDimentionalな西洋美術史辞典」とおっしゃってました。確かにそのとおりです。私は実物大の教科書だと思いました。

この美術館には環境展示という展示がいくつかあります。遺跡や壁画を建物の形で再現している展示方法で,陶板表面の質感にも気を配ってリアルにつくってあります。壁画を現場と同じような環境で(しかも間近で)鑑賞できる機会はめったにないので,非常に興味深く見学しました。

環境展示のゴヤの家のコーナーは,晩年のゴヤが家にこもって描いたという「黒い絵」を,部屋の壁の形で再現してありました。それぞれの絵を壁に個別に掲げるのではなく部屋の形で再現することでゴヤ晩年の苦悩が伝わってくるようです。すごい!これは常設ならではのすばらしい展示方法ですね。本家のプラド美術館でもやってないのではないでしょうか。

個人的にはラ・トゥール「大工の聖ヨセフ」が好きなので間近で見ることができてうれしかったです。ふふふふ。

また,この美術館,徳島という土地柄か人が少ないのも非常にいいです。好きな絵の前でゆっくりしてられます(東京の展覧会は人が多すぎてイヤなんじゃ~!)

しかし,普通に順路をあるいても3~4kmあるそうです。自由見学時間が1時間ちょっとしかなかったので,ざっと順路を歩いたあとは目当ての展示に突撃!

フェルメールとエル・グレコははずせない!ダリも見るのだ!あ,こんなところにベラスケスが!

「グロッタ」というコーナーはどこかのグロッタ(洞窟)を再現してるのかとおもいきや,違った・・・。それ系の作品の展示でした・・・。

惜しむらくは東洋美術の作品が少ないことと,近代絵画は展示作品が小さいものが多くて,間隔がせまく,それぞれの作品に没頭できる空間がないことですね。ダリ作品はもっと別のにすればいいのになー。

私は美術館にあるミュージアムショップが好きなのですが,ここのショップはイマイチかなー。しかし徳島の名産「藍染」のコーナーがあったので,親へのお土産を物色。

徳島に行くけどお土産いる?と親に聞いたら

「藍染のネクタイ2本買ってきて。シンプルなやつ」

という答えが返ってきたのです。おいおい,通信販売かいな(笑)。

ショップにネクタイが数本並べてあったのでいくつか見てみましたが,あんまりシンプルなのないなぁ。色が薄いのは藍染っぽくないし・・・。というわけで少し模様の入っている1本を選んでとりあえず購入。これで1本は確保っと。

美術館見学を終えたら大鳴門橋の近くにあるレストラン,カリフォルニアテーブルでお食事です。このお店も大塚の関連会社らしいです。

Dsc_1784お店のバルコニーからの景色。橋の下が鳴門の渦潮です。

ホテルリッジという高級ホテルも見学させてもらいました。料亭青柳の2食付で独立型の贅沢なコテージなのですが一人1泊35,000円~ですって。徳島でこの価格設定とは・・・顧客はいったい誰だろう・・・。橋が通ってるから,神戸,大阪から来るのかな。

このあとは渦潮を見学しに「渦の道」へ。

渦の道の駐車場で「写真はいかがですかー」と声をかけてきた写真屋さん(観光地によくあるアレね)がいたのですが,私がカメラを持って「え?」と振り向いたら「あ,カメラお持ちですね~・・・」といってフェードアウトして行きました。うーん,さすがNikonの一眼レフの威力(笑)。

Dsc_1812 これが大鳴門橋。渦の道はこの下を通っています。橋の下に渦潮があります。

残念ながら時間が潮の時間をはずしてしまっていて(渦は干潮と満潮のときに見られる),渦は見ることができませんでしたが,この時の風速18m!

金網で囲まれた橋の上での風速18mはまっすぐ歩けないくらいの強風です!みんなジェットコースターのようにきゃーきゃーいいながら歩いてました。あー楽しかった。(写真は自粛)

あとで聞いたところ,渦の道は風速20mになると入場禁止になるそうです。

風があまりに強すぎで時間がつぶせなかったので,急遽,藍染の体験工房に寄ってもらうことになりました。わーい,藍染体験やりたかったんだー!10年前に学会で徳島に来たときは同級生と後輩だけがやってて,私はやらなかったんですよね。それが心残りで・・・。今度こそリベンジ!

受付で染める物(ミニタオル,ハンカチ,バンダナ,スカーフ,ストールなど)を決めて体験工房へを向かいます。私はバンダナを選びました。

Dsc_1815

「藍」は植物を発酵させて染めるので,発酵臭が結構します。が,私にとっては「植物の発酵臭=牛舎の匂い」です。うーん,懐かしい匂いだ~(笑)。

Dsc_1818 この緑の槽のなかに藍の液が入ってます。

染めの作業が終わるとよく混ぜて発酵をすすめるのだそう。

藍は空気に触れて酸化するときに染まるので,染めたい布をこの液に1分漬けて,1分上げて空気にさらして,を繰り返します。回数を増やすほど濃く染まるという仕組み。布を手で握ったり,枠で固めたり,しばったりして液が入らないところを作って模様をだします。

普通は5回ほどを漬けて上げてを繰り返せば十分なのですが,一緒にやっていた人が6回繰り返したために,ついつい私も6回やってしまいました(<負けず嫌い)。

これを水ですすいでアイロンで乾燥させれば完成です!やったー!念願のマイ藍染だー!(作品の写真は最後に)

ここで藍染の職人さんに話を聞いていたのですが,MOTの先生と学生が話を聞くその様子はさながら伝統文化産業論のようでした。ここで作った藍染の上に山形の紅花染めを重ねると,きれいな紫になるんだそうです。いいなぁ,やってみたいなぁ。

ここではおみやげ物も売っていたので,ネクタイもう1本と母へのお土産のエプロンを購入。藍はアトピーにも効くというので藍入りの石鹸も買いました。実家に送ろうっと。

Dsc_1827 こちらは資料館の展示品。「しいたけ」ってなぜに「しいたけ」?本物のしいたけなのか,それとも藍の産物かなにか?謎だ・・・。

この藍染の館の奥には藍の取引で財を成した古い商家の建物が公開されていましたので,そちらも見学していると,この建物で琵琶の会を主催しているというおばさんが建物の説明をしてくれました。こちらで数億円の商談をしたとか,床の間のこの柱が紅葉で貴重なものだとか。

Dsc_1826 これが琵琶。旦那さんの退職金で買ったそうな(笑)

そしてためしに万葉集の和歌に曲をつけたものを披露してくださったのですが,琵琶の音って風情があっていいです。古来,語りの背景の音を出すための楽器だそうで,場面をもりあげていく音がめちゃめちゃ効果的でした。ちょっと琵琶の曲が聞きたくなってしまいましたよ。東京に琵琶のお店があって,琵琶語りのコンテストもあるらしいです。

そろそろ帰りの飛行機の時間が近づいてきたので,空港に戻る途中で四国八十八箇所まいりの1番と2番に寄りました。

1番さんの霊山(りょうぜん)寺ではお遍路の最初のお寺なので,お遍路道具一式が売ってます。キョーレツだったのが売店の前にいたマネキン。

Dsc_1837_1  なんなの!そのアイシャドウは!パンプスは!手のポーズは!

いやー,おかしいわー。

四国参りって何回まわるかで納札の色が変わってくるそうです。25回以上だと銀とか50回以上だと金とか。納札入れにこの色の札があるともらってよくて,もらった人にもご利益があるそうですよ。初めて知りました。

そうそう。ここの境内には「三鋸の松」というのがありました。葉が3又になってます。

Dsc_1841 遺伝子の変異なのかしら。表現型の問題?

Dsc_1844 お堂のなか。灯篭が不思議な雰囲気をかもし出してます。

そして空港に向かい,手厚いおもてなしに感謝して徳島を離れました。

さすがにちょっと疲れていたのか,空港の手荷物検査のところで「航空券を拝見します」といわれて,大塚国際美術館の半券を出してしまいました・・・。千原兄じゃないんだから(苦笑)

いやー,しかしこの2日間はほんとに至れり尽くせりで楽しませていただきました。もてなしてくださった大塚製薬の方とお忙しい中おつきあいいただいた先生方,旅行をアレンジしてくださったToshimiさんに感謝!です。

Dsc_1855今回の成果(の一部)。SOYJOYセットと藍染

| | コメント (6)

徳島旅行1日目<工場見学>

3月30-31日とマーケゼミの大塚製薬工場見学に同行させてもらって徳島に行ってきました。

年末にM先生が講演に行かれたときの話を聞いて,学生もぜひ行きたいと企画が始まったそうです。偉い先生がご一緒なので。至れり尽くせりのすばらしいもてなしでした。(完全に物見遊山でついていったので私は申し訳ないくらいでした・・・)

Dsc_1606空港を出ると大塚製薬バスがお出迎え。

そのままお昼ご飯の「たらいうどん」屋さんへ

Dsc_1613 ほんとに大きなたらいで出す店もあるけどここのお店のは一人用の小さいサイズでした。徳島うどんは讃岐よりも少しもちっとしたうどんなんですよね。おいしかったです(ワタシはうどん好きなので,うどんにうるさい)。

それから,山の上にある板野工場へ。ここは医薬品を作っている工場だそうな。最初は階段状の広い会議室に通されて大塚製薬や工場の説明を聞きました。説明の最後に,工場から見える風景をスクリーンに映し出したあと,会議室前面の壁がガーっと開くとそこには同じ風景が見えるという趣向。

Dsc_1624 後ろに見えるのは徳島市街。

Dsc_1628 左方向。海の向こうにみえるのは淡路島。

Dsc_1629やや右方向。海の向こうにかすんで見えるのは和歌山。ここまで見えることはめったにないそう。

残念ながらこの日は清掃日で工場は稼動しておらず,施設だけを見せてもらいました。でも実際に薬を作っている工場を見るのは初めてでいい経験になりました。製剤って大変なのね。専門の研究所があるわけだわ・・・。

この工場を出るときに,大塚が出した基礎化粧品InnnerSignalの試供品2セットとSOYJOYの全種類セットをもらいました。InnerSignalはコスメ大賞もとった製品だそうです。

Dsc_1764これがInnerSignalの試供品。

販売は百貨店かネット通販だそうです。

お次は場所を移動して,輸液を作っている工場へ。大塚といえばやはり輸液ですよ。

最近はパックが2室に分かれている輸液剤がでているので,それを作っているところを見せてもらいました。あれって便利だよねー。昔実習に行ったときには,輸液に注射剤混ぜたとたんに沈殿させて使えなくしてたりしてたもん・・・。(これは混ぜちゃいけないものを混ぜたからなのですが)

その後は能力研究所というところへ。研修施設みたいなところでしたが,水耕栽培のでっかいトマトがありました。

Dsc_1637天井にトマトー!

落ちないように摘果しているそうですが,ときどき落ちてくるそうです(笑)。

Dsc_1664 味見もさせてもらいました。おいしかったです。

全然関係ないですが,最近CMしているSMAP×ポカリスエットのポスターが飾ってありました。A全サイズが4つ並んでたのですが,かっこいいデザインだなーと関心してしまいましたよ。

その後はホテルにいったんチェックインして夕食のお魚料理の店へ。

Dsc_1678 「びんび」というのは徳島の方言で「魚」の幼児語だそうです。

写真を撮るのを忘れましたが,縦に切った伊勢海老が身ごと半分はいっている味噌汁(どんぶり入り)がめちゃくちゃうまかった・・・・!

このお店には大塚製薬工場の生産本部の方も合流して,非常に楽しいお話を聞くことができました。

ホテルにもどって,とりあえずは温泉に。ホテルはルネッサンスリゾートナルト。展望風呂に入ったのですが,夜なので意味なし。でも,でかいお風呂,気持ちいいー!

あがってからホテルのバーでみんなで軽く一杯。炎のコーヒーというパフォーマンスがあってみんなで盛り上がりました。

フライパンで砂糖を焦がしてキャラメルをつくり,ラム酒を入れてフランベして,皮を剥いたオレンジもフランベして香りをつけて,コーヒーを入れて・・・

Dsc_1708 Dsc_1715 Dsc_1726

最終的にできあがったコーヒーの写真とらなかった・・・。間抜けだ・・・。

そのあとは一部屋でさらに夜遅くまで語り・・・。2時ごろにひとまず解散。お部屋に帰って寝ることにしました。

今回は二人部屋を一人で使うという贅沢プラン。そしてホテルの都合で部屋がアップグレードされたらしいです。ハリウッドダブルという部屋でした。少々タバコ臭かったですが・・・文句をいったらアロマポット置いてくれました。あまり効果なかったけど,まあいいです。誠意の問題ってことで。

Dsc_1692_1

翌日へつづく・・・。

| | コメント (4)

登りと降り

水曜日の夜は4月からMOTに入学する人との懇親会がありました。

ガイダンスから履修登録まで間がないので,少しでもいろいろな情報を伝えることができれば,という思いから同じゼミの同期生が企画したので,修了する身ではありますが,参加していろいろな話をしてきました。

自分も2年前はそうだったのかもしれませんが,やはりこれから入学する人は元気だなぁ。希望に満ちているというか,やる気に溢れているというか。さすがにテンション高いです。

これからあのキツくもあるが,充実した2年間が待っていると思うと,正直うらやましいですねぇ。

とはいうものの,少しテンションについていけない自分を感じて

(やはり自分はもう現役引退ね・・・)

とも思ったりしました(笑)。彼らが登り調子なら,私は降り調子ってカンジ。モウツイテイケナイワ・・・。

勢いで春から科目等履修生とか申し込んじゃったけど,しばらく静養期間をとったほうがよかったかもしれない・・・・。

・・・・やはり少し疲れたかも

・・・・・・最近なんだか胸のあたりが重い気が

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしかして単なる呑みすぎ?

そういえば,2月終わりあたりからゼミの発表会だー,補講だー,同窓会だー,交流会だー,と毎週のように土曜日呑んでいて,

3月下旬は謝恩会だー,修了お祝い会だー,同窓会だーと2~3日に1回のペースで呑み会でした・・・。

そりゃ,胸ヤケもするわ。

しか~し,明日から1泊2日でマーケゼミ旅行に便乗して徳島に行ってまいります!鳴門のうずしおと大塚国際美術館見てきますー。鯛も食べるぜー。桜が見ごろだといいなー。

| | コメント (2)

昭和史ブーム

なぜか昭和史がプチマイブーム(?)。

きっかけは「失敗の本質」を読み始めたこと。ゼミのMLで「失敗の本質」が話題になったのです。

この本はN中先生が著書の一人で,防衛大学校の先生が日本軍の作戦行動の失敗について組織論的解析を試みたという本で,最近まで企業研修でもっとも使われていた本だったとか。なんか面白そうだったので読んでいたところ,ミッドウェー海戦の敗戦描写で気持ち悪くなりました。理由は不明ですが。たんに電車に酔っただけかも。

ま,S木先生にいわせるとひたすら続く敗戦描写が日本人として読んでてつらいので,最後だけ読めばいい,っていう本なんですが。(ちなみにミッドウェー海戦は第1章ノモンハン事件に続く第2章。つまり序の口)。

そして,ニュースサイトの書評で「昭和史の教訓」という本の書評が目に留まり,つい本屋で見かけてしまったので岩合光昭さんの「ネコを撮る」と同時に購入。

はからずも昭和初期の日本軍に関する記述が多い本を同時に手に入れてしまいましたが,どちらの本も感情移入が少ない記述で,私にとってはとても読みやすいです。この間の梅原猛の「隠された十字架-法隆寺論」といい,最近の読書は結構,歴史系だなぁ。

あ,梅原さんの「神々の流竄(るざん)」買ってくるの忘れた・・・。

| | コメント (0)

修了式・謝恩会

3/20は東京理科大の修了証書授与式でした。いわゆる卒業式ですな。

せっかく休みをとったので、武道館での修了証書授与式に参加することにしました。だって武道館入ったことないんですもん(笑)。

Dsc_1311_2Dsc_1313

快晴の空の下、この日開花宣言が出たものの、武道館の桜はまだ咲いてなく・・・。

理科大卒業生とその父兄がわんさかいる中で同級生を探すのは無理そうなので、受付に向かうと、S先生が青い顔で誰かを探しているようでした。受付ではMOT事務の人に、総代のNさんを見てないか、と聞かれました。どうやら総代は式の前に事前の練習があるらしいのですが、その時間にNさんが来なかったのだそうです。

じゃ、Nさんの携帯電話に電話してみますね~、と電話をすると。いま飯田橋にいるとのこと(あとで話を聞いたところではマクドナルドで並んでいたらしいです)。ことの次第を伝えると、

「じゃあ、今から急いでいきます!」

連絡がついたことで事務の人も一安心。式場のフロアに降りていくと先ほど青い顔をしていた主任のS先生が。Nさんに連絡がついた件を伝えると先生も少し安心されたようでした。

S先生はNさんが間に合わなかったら、MIPの総代に受け取ってもらうか、誰かに代わってもらうかといろいろと考えていたそうです。先生にはまた胃が痛くなりそうな心労をおかけしちゃいましたね・・・。

式典に出席したMOT生は少なかったです。6人くらいだったでしょうか。式典は全学部・研究科まとめてやるので、総代への学位記授与だけで1時間以上かかりました。ほへー。

終了後は富士見校舎まで移動して、先生から学位記をもらいました。

かなりの人数が集まっているのと、謝恩会まで時間があるので、ここで同窓会の入会申し込みと謝恩会の受付をしちゃえ~!と受付を開始。時間があったので混乱もなく済ませることができました。

同窓会への入会は、この後の謝恩会会場での受付も含めて2期生ほとんどの入会申し込み書を受け付けることができました。ふぅ~。よかった、よかった。

しばらく時間をつぶして謝恩会の会場準備を開始。会場にはこの日のために用意したMOTどら焼きが届いておりまして、それを袋に分けたり、スライドショーのセッティングをしたり、BGMの準備をしたり。

Dsc_1399

↑MOTどら焼き。麻布青野で作りました。文字が見えるかな?味もおいしいですよ。

会場ではみんなでわいわいと歓談して、先生からお言葉をもらって非常に楽しい時間でした。ゼミで厳しいご指導をいただいていた御大I先生、マーケゼミのM先生が事情により欠席だったのが残念でしたが・・・。

Dsc_1585 最後の集合写真!

後ろの人たち、やたらに楽しそうじゃないか!

こんなに集まることは二度とないだろうな~という写真です。とても楽しい2年間の集大成でした。これからも交流を続けていきたい仲間たちです!

その後は会場を片付けて、ゼミのいつものメンバーで二次会へ。今回は諏訪理科大の学長K先生もご一緒でした。

二次会終了後はホテルの部屋をとっていたマーケゼミに合流。(くだらない話を)一晩語り明かして早朝に帰宅しました。さすがにもうネムネムでした。

| | コメント (5)

一足早いビール

今日、会社にMOTの同級生から小さな荷物が届きました。

Dsc_1310 明日発売のキリン・ザ・ゴールドです。

送り主はいわずと知れたキリンビールのNさんです。ありがとうございます!

うふ♪おいしそ~♪

| | コメント (0)

1つクリア

土曜日には優秀WPの発表会があり,先生方との意見交換会があり,同窓会設立総会があり,学生交流会があり,二次会でさらに呑み・・・。

優秀WP発表会が始まる前に同窓会の打ちあわせがあったので,その前にMOT付近の写真をとっておこうとカメラをもって神楽坂をウロウロしました。。

Dsc_1094

最近の神楽坂はドラマの舞台で人も増えてます。

同窓会設立に関してはWPの追い込み時期から準備に参加して,いろいろな紆余曲折の末にようやくたどり着いたので,無事設立が認められてほんとに一安心といったところ。

これから実働の大変さはいろいろあるだろうけれど,ね。

その後の交流会では景品としてしぼりたての日本酒をいただきました。らっきー♪

Dsc_1239

左から3本目のお酒です。これが微炭酸でおいしいの。

来週はいよいよ修了式と謝恩会です!こっちも一大イベントだから,がんばらなくちゃ!

しかし,さすがに土曜日はイベントもりだくさんでちょっと疲れました・・・。

| | コメント (5)

ずぼらな例その1

ずっとPDAの充電してなかったら,データがトンだー!(涙)

たいしたデータ入ってなかったらいいんだけどさ・・・。(負け惜しみ?)

| | コメント (2)

計画性のない例その2

帰宅途中でふと思い出しました。

(そういえば,先週,かぼちゃ買ったけどまだ料理してないやー。煮るかレンジかけるかしておこうー)

帰宅して,晩御飯食べて,さあかぼちゃを・・・と,流しの下にあるかぼちゃを手にとったら・・・

ぐにゃり

そして,異様なにおいとともに冷たい液が手に びちゃっっ

・・・腐ってました。ええもう。これ以上はないというほど。ははは。

| | コメント (0)

計画性のない例その1

ケーキを作ろうと思って日曜日に近所のスーパーに買い物に行ったら,ラム酒漬けのフルーツがどこにもない・・・。昔は作って置いておいたんだけど,今はないし,自分でつけている時間もない・・・。

月曜日にハンズに行って買わねば!(←ハンズは何でも売っている)

と思ったら仕事が忙しくて営業時間に間に合わず・・・。火曜日にはどうしても作らなくては!

・・・これは明日の昼休みに買いに行くしかない・・・か・・・。あぁ,計画性のなさが裏目にでた・・・。

| | コメント (0)

お菓子

今度,MOTの同窓会設立総会と学生の交流会があります。交流会は会場が学食に決まったので,持ち込みが可能です。

去年の交流会はミルリトンとチョコレートケーキを作って持っていったんですよねー。新入生交流会のときはキャラメルケーキだったかな。

さて。今年はどうしよう。みんなお酒飲んでるからお菓子とか作っていってもあんまり食べないかなぁ~。なんか別のものにしようかなぁ~。

チョコケーキは1週間前に作っておかないとおいしくないのですよね。当日は午後から優秀WPの発表会があるから,計画的に作っておかないとな~。

うーん,どうしよう。イチゴのチーズケーキなんていいかと思ったんだけど,冷やせないかな・・・。

なやむー。

| | コメント (5)

毎日マラソン

日曜日の昼すぎに掃除と洗濯を終えて,なにげなくテレビをつけたら,マラソン中継が。

へー,どこだろー,と思って何気なく見ていたら,アナウンサーが

「このガードをくぐると瀬田の唐橋(からはし)です」と中継。

あ,びわ湖毎日マラソンかぁ。ふははは。なつかしー。(もちろん,走ったわけではない)

年に一回の地元中継ですね(笑)。マラソンコースの3分の1くらいが高校への通学路だったりするので沿道風景が懐かしいです。

川沿いの桜はさすがにまだ咲いてないですね。

| | コメント (2)

美容室にて

今日はようやく美容室に髪を切りに行きました。

美容室では髪を洗ってもらって,タオルを頭に巻いた状態で鏡の前に座るのですが,この状態ではごまかしなしの自分の顔とむきあわなくてはいけないので,苦手です。

そしてひさびさに自分の顔を正対すると・・・

頬がたるんでブスになってる!!きー!!

きっとストレス満タンの職場でずっと仏頂面してるからだ~~!うえ~ん!

おまけに顔のゆがみがひどくなってる!!

最近,椅子に座るとすぐ足組むしなぁ・・・。前に定期的にカイロプラクティック行ってたときはマシだったのになぁ・・・。

家で真面目にヨガでもしましょうかねぇ・・・。

| | コメント (0)

漫画三昧

今日は漫画をいくつか仕入れてきました。(笑)

まずは新規開拓。「ES」 惣領冬実

この人は初期の少女マンガ時代が苦手で敬遠していたのですが,Yahooで立ち読みしたらこれがなかなかどうして面白いじゃないか!http://comics.yahoo.co.jp/kodansha/sourixyo01/esu01/shoshi/shoshi_0001.html

どうしても続きが読みたくなり,漫画文庫の1巻を売っていた本屋で2巻まで買い(3巻があったら全巻大人買いしたのに!),帰宅途中の電車で読み,家までの途上にあるファミリーレストランで夕食もそこそこに読みふけりました。(いい大人がなにしてんだか)

いやー,他人の記憶を操作できる遺伝子操作人間の話なのですが,主人公が研究者で自分と立場が近いので,うっと身につまされるセリフもあり,なかなかグっときます。あ~,早く続きが読みた~い!

私は小説や漫画に熱中すると寝食を忘れますが,ひさびさにそんな感じのヒットです。

そして本日のもう一冊。

「秘密 トップシークレット3」 清水玲子

http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%98%E5%AF%86-%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-3-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E7%8E%B2%E5%AD%90/dp/459213236X/ref=pd_bbs_sr_1/503-4580723-2783113?ie=UTF8&s=books&qid=1172844367&sr=8-1

こちらは猟奇殺人がテーマになることの多いシリーズの第3作です。猟奇事件なんですが,いつも読後が切なくてねぇ・・・。

はからずもどちらも生物・医学系でベテラン漫画家のストーリー系漫画ですね。大人なので,やはりストーリーがしっかりした漫画でないと読まなくなりました(いや,大人は漫画よまないから)。

そういえば,このあいだ「のだめカンタービレ」を一気読みしましたが,なにか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そうだ,京都行こう

4月の頭にゼミの有志で京都に行くことになりました。

京都の経営者がお坊さんのお話を聞く会にお邪魔させていただくのです。今回の説話を聞かせていただくのは法隆寺の住職さん。

法隆寺といえば昨年の秋にマーケゼミの旅行で連れて行ってもらったのですが,そのとき先生に紹介された本は法隆寺の修復工事に携わった宮大工さんが書いた,法隆寺の建て方の本だったのですが,今回我がゼミのS木先生が紹介してくれた本は

「隠された十字架~法隆寺論~」 梅原 猛 著,新潮文庫 

でした。早速買って読み始めましたが,これが面白い。基本的な日本史の知識は(漫画「日出処の天子」などで)あるので楽しく読めます。

法隆寺つながりでも紹介される本や視点が全然違うってのもまた面白いなぁ~,としみじみ感じたのでありました。

そして,「京都」も。

実家に近いので京都はとりたてて積極的に観光した覚えがないのですが,いざ遊びに行くつもりで計画立ててみると,いろいろおいしそうなお店もあったりしてなんか新鮮です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OpenPNEたちあがらん・・・

大学院の同窓会用にSNSはどうかってことで,試験的にOpenPNEを立ち上げてみようと試してみたのですが・・・

インストールちょーめんどくさっっ!

しかも,たちあがらんし・・・。

データベースのバージョンダウンしたほうがいいかなー。またやり直しかー。うー。

セキュリティ考えたら素人が管理しないほうがよさそうな気がしてきました・・・。

そういや,サーバーに置いてるcgiの動作も怪しいんですよねぇ・・・。なんか原因がはっきりしないのって気持ち悪いんだなぁ。こないだまでうまくいってたのに。サーバー側の問題かしら。うん。そういうことにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »