« マイタンブラーdeスタバ | トップページ | 秋の空 »

本屋のIT化度合い

本屋で「日本軍のインテリジェンス」という本を探していました。

本屋Aで「この本を探しているんですけど」と尋ねると,e-honとかいうwebで出版社を検索し,売り場にいるベテランらしき店員さんにその書名を伝え,「価格がいくらくらい?」と再確認された上で,該当出版社の棚を教えてもらってその棚のところで本を眺めた挙句

「ないみたいですねぇ」

お前の書店はデジタルでの在庫管理もしとらんのか!!

というわけで,次は近所にある書店Bで同じ質問をしたところ(もちろんその本が置いてありそうな本棚はひととおり見たあとです),店員さんが「在庫がありますので持ってきます!」と言って去っていきました。ふむ,レジと連動した在庫管理のシステムくらいはあるらしい。

数分後に戻ってきた店員さんが言ったことには

「在庫ありになってたんですけど,見つからなくて・・・誰かお客さんが持って歩いてるのかも・・・・」

・・・そんなことってあるのか。

ま,棚にないんだからしょうがないか。買えないという意味では同じだわね。

ふぅ。紀伊国屋なら前日に棚にあるかどうかまでオンラインで分かるのになぁ(前日まで在庫アリでも翌日に店舗に行ったらないことはありますが)。Amazonでも在庫があるかどうかはすぐにわかるのになぁ。

書店のIT化も会社によって差があるんだなぁ。

私の自宅と職場の最寄にあるわりと大型な書店では職場の最寄の店舗から複数の店舗の在庫検索ができるくせに,私の自宅最寄の店舗の在庫は調べられなかったりします。欲しい本が「××店(遠方の店舗)にはあるんですが~」とか言われるのに,自宅近くの店舗にあるかどうかは「わかりません」とか言われます。一体どんなシステムを構築したんだか。

「日本軍のインテリジェンス」はさっさとAmazonで買うべきだったな・・・。

と,思ったら早速Amazonでも売り切れてやがった・・・・。さっさと紀伊国屋に行くべきだったか・・・。初動の失敗がイタイ例だ・・・。

|

« マイタンブラーdeスタバ | トップページ | 秋の空 »

「思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイタンブラーdeスタバ | トップページ | 秋の空 »