« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

無水鍋

無水鍋を注文しました。

鍋自体は足りているけど,天火として使いたいな,と思いまして。

今あるオーブンレンジは上から加熱するタイプなので,材料の下側に火が通りにくいのです。で,なにが困るかというと,どうしてもパイの底が生焼けになってしまうのです。チーズケーキも上だけ焦げるし。下までパリッってなったアップルパイが食べたいじゃん!(笑)

無水鍋なら下から加熱して上からも熱がかかるから,オーブンと同じになるはず・・・!

コンベクション型(熱風が循環するタイプ)のオーブン買うべきだったかな・・・。いま検索してみたら意外と安かったのですが・・・さすがにそれはやりすぎか。

しかし,鍋のサイズを確認するために,家にあるケーキ型の大きさをはかっていたのですが,なぜかステンレスのパイ皿が2つもありました。耐熱ガラスのパイ皿ももうひとつある。なんでこんなにパイ皿がたくさんあるんだ・・・。

| | コメント (0)

沖縄旅行3日目-首里と那覇を歩く-

沖縄旅行最終日は首里と国際通り周辺をウロウロしました。

いちおう「初めての沖縄」としては首里城は見ておかないと。

これがシンボル「守礼門」
Dsc_4155Dsc_4157

彩色の様式が独特ですね。ちょっと中国っぽい気がします。
このあたりは戦争でほとんど焼けてしまったそうで,戦後は更地になったところに琉球大学がつくられたそうです。で,10年ほど前に大学を移転して首里城を復元したそうな。

そんなわけで,基本的に建物は比較的新しくてキレイです。面白いのはお城の中にも数箇所「うたき」と呼ばれる聖地があることですね。
Dsc_4169
門と塀で囲まれた一角があってそのなかに木々の茂みがあるのです。考え方としては自然信仰に近いのかな。

首里城を見学したあとは,壷屋やちむん通りへ移動して国際どおり方面へとぶらぶら。

やちむん通りは壷屋焼きのお店が並ぶ通りなのですが,一本路地をはいると沖縄らしい風情のある家が並んでいます。

Dsc_4180 Dsc_4184

右はお店の窓の外で寝る猫。沖縄の猫はあまり寒さに凍えなくてよさそうだなぁ。

市場を抜けて,那覇のメインストリートである国際通りへ。残念ながら日曜日だったので,市場は鮮魚や肉のところが閉まっていて市場らしい風景は見ることができませんでした。でもお土産用に塩とかウコンとかいろいろ買いましたよ。他にもお土産は買いましたが,空港は同じものがかなり高いですね。(珊瑚なんかはとくに。絶対,国際通りで買ったほうが安いです。)

国際通りに着いたころにはお昼だったので,軽くなにか食べようということになり,kohさんおすすめのソーキそば屋さんへ行きました。国際通りのむつみ橋の交差点ちかくにある「かどや」さんです。

Dsc_4186 Dsc_4187

ここのそばはスープにかつおと豚のダシがうまくまざっていて,おいしい!お肉もよそのそばに比べて味付け濃い目でそばによく合います!しかもこれで500円とお安い!(かけそばなら300円)。ウマウマー。ごちそーさまでした。

そして,国際通りをあるきつつ,最後は「沖縄の本フェア」と壁にかいてある本屋さんで沖縄の本を3冊買いました。

沖縄の全体を知るために高校の教科書 「琉球・沖縄史」
民間伝承が好きなので 「おきなわの神々の伝説」
上の2冊にはおそらく女性に関する記述が少ないだろうから 「琉球史の女性たち」

あとは空港に行って,出発便を待ちながら,最後の宴会をしつつ,来年の計画を練ったりしてました。あ,もちろん飛行機の写真も撮りました(笑)。
Dsc_4203 Dsc_4204

ピカチュウジェット(左)と那覇に配備されている哨戒機(右)←教えてもらった

帰りの飛行機にはお土産を買っていてまたもや乗り遅れそうになりましたが(苦笑),なんとか乗り込んだ機内で「琉球・沖縄史」を読んでいました。これすごく面白いです。買って正解でした。琉球人の交易範囲とか人々の生活とか,すごく詳しく書いてあります。今度,島文化好きのお友達に見せようっと。

この教科書を書いたのは沖縄歴史教育研究会の人だそうですが,複数の見解がある問題などについてはそういう意見があることも明記した上で,さらに考えるための材料を示してくれています。こういう姿勢ってとても好感がもてます。

今度沖縄に行ったら,沖縄県立博物館に行こうっと。ちゃんと勉強してから見たら面白そうだ。

東京に帰って久高島のホームページなどを見ていたら,久高島って昔読んだ漫画で主人公が少年時代をすごした島のモデルになった島でした。どおりで珊瑚の砂でできた白い道に既視感があると思ったわけです。

久高島で12年に一度行われる祭祀「イザイホー」も池澤夏樹の短編「眠る女」に出てきてたし。実はこれまでにいろいろ目にしていたのですねぇ。

いつかは離島で星空も見たいなぁ。久高島でエラブ捕り・・・はさすがに無理か。

いや~,実に充実したとても楽しい3日間でした。旅行のアレンジをしてくださった幹事のみなさんに感謝感謝です。

個人的に今回の旅での反省から得た今後の改善点は,①なにかの作業を始めると時間を忘れるので気をつける,②ゴーヤーチャンプルーにはランチョンミートを入れる,などでしょうか(笑)。

| | コメント (2)

沖縄旅行2日目-沖縄の聖地を巡る-

2日目は沖縄の最初の神様が降りてきたという久高島へ渡ります。

つーか,前日飲みすぎ・・・。

久高島は本島からフェリーで25分程度なのですが,これが結構揺れるので・・・うげ。二日酔いで船って最悪です。朝食を食べてなかったのがまだ不幸中の幸いだったといえないこともない(詳細は自粛)。

久高島は人口も200人を超えない小さな島です。自転車を借りて島の先にある岬へ行きます。

Dsc_4049 緑の中をつづく一本道

Dsc_4056 たどりついた岬から見る海がきれい!

Dsc_4079 島から見る空も広い!

本日の昼食は港の近くにある食堂で島特産の海ぶどうで「海ぶどう丼」です

Dsc_4084 ソーキそばと島ダコの刺身もついてます。
ほんとに沖縄の海ぶどうはうまいなぁー。

せっかくマクロレンズがあるので,海ぶどうを接写!(笑)
Dsc_4086 海ぶどうも キレイです。宝石みたい。

しかしこのレンズは評判どおりオートフォーカスがいまいち。HSMじゃないからしょうがないのか。しかしマクロ撮影は焦点深度が限られるのでオートフォーカスだとピントが合わせたいところに合わないですね。マクロ撮影はマニュアルフォーカスだと言われる理由がよくわかりました。でもマクロ撮影,むずかしひ。

お昼をたべて一服したら帰りのフェリーで本島に帰ります。もう行きで懲りたので,帰りはあらかじめ寝て帰りました(苦笑)

つぎは世界遺産にも登録された「せーふぁうたき」に行きます。琉球王朝の聖地です。久高島からここに琉球の神様「アマミキヨ」が降りてきたといわれています。

Dsc_4094_2Dsc_4097Dsc_4107
うっそうとした森のなかに何か所か祭事を行った石と石製の台があります。三枚目は聖地から望む久高島。

この森にはとても動植物が多かったです。とくに蝶が多かった(残念ながら写真はほとんどピンボケでしたが)。
Dsc_4108Dsc_4109_4 

白地に羽根の先がオレンジのきれいな蝶がいたのですが,写真には取れませんでした。あとで調べたところ,たぶんツマベニチョウだったと思われます。

聖地とか場所の気とかさっぱりわかりませんが,波の音と風の音が気持ちよくて,とても居心地のいい場所でした。ああいうところで数時間,寝っころがっていたいものです(笑)。

つぎの予定である泡盛の酒造所見学まで時間があったので,浜辺の茶屋でひとやすみです。海辺の風景でお楽しみください(笑)。

Dsc_4121Dsc_4123 Dsc_4130Dsc_4132

テーブルの上に運ばれたヤドカリ!ぴーんち!
Dsc_4133 

ヤドカリ決死のダーイブ!(笑)
Dsc_4135

さて,ひとやすみしたら次は那覇にある泡盛の酒造所へむかいます。「春雨」という泡盛を作っている小さな酒造所さんです。

社員は3人にバイトが2人だとか,麹を発酵させて熟成させる行程とかいろいろ見せてもらいました。10年やっていても任せてもらえない行程があるなど,いろいろ厳しい世界のようです。

製造量が少ないだけに,販売戦略などもいろいろ大変そうなんですよね・・・。

Dsc_4141 彼女は酒造所の蔵猫。

泡盛の原材料である米のカケラを狙ってくるすずめやねずみを追い払ってくれるそうです。イギリスのウイスキーキャットならぬ沖縄の泡盛キャットですね。働く猫さん。エライ。

酒造所では「うちの泡盛を大事に飲んでくれる人に」と泡盛をプレゼントしてもらっちゃいました。うわお!ありがとうございます!

酒造所見学のあとは,ホテルに移動して,夕食を食べに沖縄の音楽が聞けるライブ居酒屋でふたたびかんぱ~い!

沖縄の音楽って有名どころ以外はあまり聞いたことがなかったのですが,独特の合いの手とかあって楽しいです。ハイかんぱーい♪(笑)

いや,さすがにこの日はお酒は節制しましたよ。反省したのではなく,飲みすぎで胃が痛かっただけですが(苦笑)。

もっとも酒こそあまり飲まなかったものの,デザートは食べるわ,屋台の豚まんは食べるわ,夜中にソーキそば食べるわで食べすぎたのは相変わらずでした・・・。

そして,私以外のみなさんはまた二次会,三次会へ・・・・

この夜は伝説は生まれなかったらしい(笑)

| | コメント (0)

沖縄旅行1日目-南部で沖縄を考える-

11月の3連休を利用して沖縄旅行に行ってきました。
昨年も開催されたMOTの先輩方のツアーに混ぜていただいたのです。いえーい。

私は沖縄は初めてなのでわくわくです。
当日は朝8時前に羽田発の便で沖縄に飛び立つ予定だったのですが,5時に起きたのになぜか身支度モロモロに時間がかかってしまい,羽田空港駅への到着が搭乗時刻の20分前というギリギリになってしまいました。うう。せっかく早めについたらお相伴でラウンジを堪能するはずだったのに…。

搭乗手続きは途中の乗換駅で済ませて,なんとか保安検査をやりすごし,搭乗ゲートが開く5分前に搭乗口に到着。はふ。一安心。よみがえるグアム旅行の悪夢・・・。

月曜日の広島行きのとき,帰路の便に搭乗時刻の15分前というギリギリに保安検査を通過するという無茶をしたのでヘンな自信がついたのかな・・・。あれは平日の夕方の地方空港だっつーの。連休初日の羽田を一緒にしてはいかんぞ。

無事,飛行機に乗り込み,空路もつつがなく終えて沖縄上陸!

まずはそれぞれの便で到着したメンバーと合流して,先に現地入りして用意してもらっていたレンタカーで沖縄南部へGO!

とちゅうでお昼をいただきます。
Dsc_3842まずはソーキそば!

沖縄ならソーキそば!かつおダシととろけそうな骨付き肉がおいしかったです~。

最初の目的地はおきなわワールド。沖縄のいろんな伝統工芸や文化のテーマパークです。昔はハブ公園でハブとマングースのショーがあったのですが,最近は動物愛護の問題で行われなくなったそうな。

まずはショーまでの時間を利用して鍾乳洞で有名な玉泉洞を見学します。
Dsc_3872Dsc_3874

やはり地底は別世界ですね・・・。

ハブ公園に行くとハブのショーの前にヘビと記念写真を撮らせてくれます。もちろん撮りますよ!ヘビ触ったことないんですもん。触りたい門!

Dsc_3899 という わけでビルマニシキヘビと記念写真。
ヘビさんは冷たいのですが意外としっとりしていて手ざわりがよかったです。しかもおとなしいの。

Dsc_3902Dsc_3907
こちらはハブ(左)とコブラ(右)。毒があるのでこちらは触らせてもらえません。
ハブは模様がきれいですね。コブラはこの開いた威嚇姿勢だと後ろが見えないそうで,展示員のお兄さんにパコパコと頭をはたかれてました。

ハブとマングースの対決ショーのかわりに行われているのが,海ヘビ(エラブ)とマングースの水泳競争(笑)。水を入れた5mくらいの透明のパイプの中をどちらが早く泳ぎきるかを競います。

Dsc_3905
マングース(上)と海ヘビ(下)

溺れてしまうので必死で泳ぐマングースの脚がかわいかったです。もちろん結果は海ヘビの勝利でした。そりゃ海の生き物にはかないませんわな。

別の場所には記念写真撮影用の別のヘビもいました。(名前忘れた)
Dsc_3921_2

こちらもしっとりしてましたが,撮影は1000円だったので,触るだけにしました。

おきなわワールドには琉球犬の「海」くんもいます。
Dsc_3917

海くんったら,私が近づいたら小屋の外に出てきたので,(うわー人懐っこいなー)と思ったら,約15秒で小屋の中に戻りそれっきり出てきませんでした。すんごい割り切った営業態度です・・・。すげー客慣れしてます。

おきなわワールドのあとは平和祈念公園へ。沖縄戦の犠牲者を慰霊し,平和を祈る公園です。

当時の激戦地で多くの犠牲者が出た丘の上なのですが,そこから見える海はとてもきれいでした。
Dsc_3934

祈念公園には沖縄戦で亡くなられた人の名前を刻んだ石碑があります。
Dsc_3956Dsc_3959
Dsc_3957

右半分が全国各県出身者の名前なのに,左半分はすべて沖縄の地元の人たちです。沖縄の犠牲の大きさがしのばれます。

資料館で特別企画展(無料だったラッキー)を見学すると,今夜の宿である那覇のホテルにむかうことに。

チェックイン後はお待ちかねの大宴会!沖縄料理食べるぞ~!

Dsc_3986まずはお約束のオリオンビールでかんぱ~い!

あとは沖縄の美味を堪能しますですよ~~

Dsc_3994Dsc_3995Dsc_3996Dsc_3997Dsc_3998Dsc_4009Dsc_4010Dsc_4011Dsc_4012

うみぶどう,島豆腐,ミミガーの胡麻あえ,ラフティー,ゴーヤのおひたし,ソーメンチャンプルー,ゴーヤチャンプルー,もずく,ジーマミー(ピーナッツ)豆腐

どれもウマイっ!さすが沖縄!

お酒はやっぱり泡盛で

Dsc_4023_2 久米島の泡盛「久米仙」。うまい(と思う。じつは覚えてません)。

だって実はこんなことになってたんですもん

Dsc_4024_2 横の2本は「菊の露」と「忠孝」

いや~,酔っ払っいました~。もちろん私が全部飲んだわけではありません。
しかし泡盛とか焼酎とか,後から効いてくるからナ・・・。

私はこのあとホテルに帰りましたが,同行のみなさんは二次会,三次会へと繰り出したそうです。いやー,みなさんお酒強いな~。

そして南の地で伝説は夜に生まれる・・・(笑)。

| | コメント (0)

夜間飛行

今日は所要で広島まで日帰りしてました。

帰りに空港で広島焼きと小いわしの刺身をいただきました。ひさびさでうまかったー!

同行した人と日本の水産資源について話していたり,食育について話したり。面白かったです。

行きの飛行機は通路側だったので外が見えませんでしたが,今日の帰りは窓側を確保できたので,ちらちら外をみてました。寝て帰ろうと思ったのですが,いまいち寝られそうにないなーと諦めて外をみた時に目に入ってきたのは鮮やかな碁盤状の夜景。

あ~,京都じゃん!へぇ~。きれいに見えるもんだなぁ。

京都のとなりには,見覚えのある琵琶湖の影が夜景のなかにくっきりと。

地元民ですから,琵琶湖のシルエットは間違えません。夜は意外と道路まではっきり見える感じでした。国道1号線~,とか。

うわ~,せめてコンパクトデジカメもってくればよかったぁ!(コンデジで空撮レベルの夜景が撮れるとは思えませんが)

あの時間帯であの路線に乗って,窓際に乗れるチャンスがいつあることやら・・・。今週の3連休は沖縄に行きますが,たぶん航路が違うんですよね・・・。

羽田で隣にとまっていた2階建て飛行機を見つつ「あの2階の窓からだったら外が見やすいだろうな・・・・」と考えてしまいました。(今日は翼の近くだったので)

そして,私は比叡山に無線航法援助施設なるものがあることを初めて知りました。あと,広島空港の滑走路に延長されている誘導灯(赤い鉄橋みたいなの)がすごいインパクトでした。下から見たとき思わず(この構造物,萌え~)と思っちゃいましたよ。バスに乗ってたので写真撮りそこねましたが。

このページの下の方に誘導灯の写真がありました。うーん,このページ鉄写真もカッコエエ(笑)。
http://okerazz.sakura.ne.jp/steelvagrants/tabinikki/22/tabitetsu22.htm

| | コメント (2)

交流会

HMBAとの2回目の交流会でした。

今回はHMBAから8名が参加していただきました。理科大MOTからは5名。とはいえ修了生が4名で,現役生が1名。MOTの現役生は仕事と家庭とMOTで忙しいので現役生の参加はとても大変だと思うのですが,参加してくださったKさんには感謝です。

前回もそうでしたが,今回もやはり非常に有意義で楽しい会でした。MOTはメーカーや技術系がメインなのですが,MBAは保険や金融系の人がいたりするんですよね。講義の内容もずいぶんと違うし,やはりそういった人たちとface to faceでお話するのはとても楽しい!その実,意気投合できたりするポイントが意外にあったりするのもまた面白かったです。

めざせ脱タコツボ!

今後もいろんな形でこういった交流は続けて行きたいですね。

| | コメント (0)

楽しい悩み

来週末の沖縄旅行にどのレンズを持っていこうか悩んでいます。

旅行だったら基本の18-200mmズームは必須でしょ。広角から望遠まで撮れるし。でもって,沖縄なんだからマクロレンズも欲しいよね。生き物とかいそうだし。

ちょっと暗いところだったら50mmのF1.8も使いたいんだけど・・・。

あ,妹に「星空撮っておいで」って言われてた。星空撮るのにいいレンズは・・・基本ズームでいけるかな??50mmかな??

レンズをいろいろネットで調べていたら,星空撮影は満月だとだめらしい・・・。そりゃそうか,月って明るいもんね。月齢をチェックチェック。月齢カレンダーで調べてみたら・・・来週末は思いっきり満月でした(苦笑)。

満月の沖縄でも撮って来るか。三脚いるかな(おいおい)。

しかしまあ。まさか自分がレンズ4本も持つことになるとは思ってなかったっす。そして旅行に交換レンズを持っていこうと考えるようになるとは・・・。ははは。

| | コメント (4)

あたらしい玩具

新しい玩具を買ってみたので使ってみます。

接写ができるマクロレンズ。できればNikon純正が欲しかったけど,高いので今回はSIGMA製でがまん!

ズームができるマクロレンズもあったのだけど,よく使いそうな距離でのボケ感がいまいちだったので,50mmのマクロを購入しました。

接写接写~。というわけで猫のアップ。

Dsc_3774 「またボクがモデル?」

そうです。黒猫はピントが合いにくいのよ。

この程度ならまだ標準レンズでもとれる構図ですが・・・。

Dsc_3790_2「どこ撮ってんの」

いや。鼻下萌えの人むけに,と思って。

ここまでの接近はマクロでないと難しいですねぇ。離れたところからズームっていう手はあるかもしれませんが。

さらに小さいものを撮ってみよう。というわけで。

Dsc_3785 手持ちのピアス

マクロレンズってこういうふうに使えるのか・・・。被写体との距離が近いのも便利ですね。料理を撮る時に便利かも。

| | コメント (0)

超音波で殺人?

先ほど放映していた某ドラマのアイデアですね。

超音波を発生させて,心臓麻痺を起こさせて人を殺す。

ちなみに実験室にも似たような装置があります。超音波破砕器。細胞や細菌を破砕するときに使いますが,うっかり間違って指先にあてるとイテーのなんの。これ使うとサンプルがあっというまに熱をもちます。実際には氷で冷やしながら使います。

というわけで高出力の超音波を皮膚にあてると皮膚がやけどすると思うのですが,どんなもんでしょう。ワンショットなら大丈夫なのかしら。

そういや腎臓結石を外部からの超音波で破砕する装置もありますね。あれも皮膚をひやしながらやると聞いた気がするのですが。ちがったかな。冷やしながらやるのは放射線照射のほうだったかしら。チョーいいかげーん。

ちなみに,ひとくちに心臓麻痺といってもその原因にはいろいろありまして・・・もういいってか。

| | コメント (2)

あいかわらず

相変わらず面白くてROMっている「嫁のメシがまずい」から。

笑えたので紹介。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1446686

ニコニコ動画っす。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »