« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

漬物ウメー

糠漬けですが。

蕪の漬物がウマー。うまー。うまいよー。

心なしかおなかの調子も良いようです(もともと悪くないけど)。

暴食しても太りにくくなった気もする。

単に他の食事が玄米ご飯+漬物で終わることもあるので差し引きの問題なのかもしれませんが。

| | コメント (0)

牛疫:関係国際機関が根絶宣言へ

こんな記事が。

牛疫:関係国際機関が根絶宣言へ
http://mainichi.jp/select/today/news/20090423k0000m040157000c.html

すごいですねー。関係者の努力の賜物だな。

うちらの業界じゃ国家試験のときに覚える家畜法定伝染病のトップにくる病気です。
数年前に改正されて病気の種類が増えたらしいのですが,私はそっちは覚えてません。
海綿状脳症とかいくつか加わったそうですが。

某獣医学部マンガでもネタにされておりましたが,国家試験前は覚えることがたくさんあるので,語呂あわせとか替え歌とかがあちこちから情報として流れてきます。
ホントにいろんな人間が「DNAウイルスの覚え方」とか言って,毎年新たに作ります(笑)

私は語呂合わせは使わないタイプでしたが,法定伝染病は替え歌で覚えました。

牛疫,牛肺疫,口蹄疫,炭疽,牛痘・・・

を「僕らはみんな生きている」のメロディで歌います。途中はもう忘れました。
最後は「ミツバチは腐疽病~」で終わるんだよね,たしか。

国家試験は4択ですが,「以下の組み合わせの中で法定伝染病の組み合わせとして正しいものを選べ」とかいう質問を答えるときに,全部歌わないといけないのが難点でしたね(笑)。

| | コメント (0)

iPhoneでマインドマップ

シゴタノ!で紹介されていた。「SimpleMindXpress」
http://cyblog.jp/modules/weblogs/1440

iPhoneでのマインドマップツール探してたんですよ。これはなかなか良い感じ。

電車の中で思い付きをメモることができます。インターフェースもかわいいです。

| | コメント (0)

許せない一線

うちには猫が2匹います。

飼い主が帰宅してしばらくは興奮して走り回ったり,ツメを研いだりします。

さっき,爪とぎをしている黒猫の背中をなでなでしていたら
茶白猫がやってきて,黒猫のお尻をくんくん嗅いで去っていきました。

茶白猫は寝る前に飼い主を鼻をなめるのが好きなのですが。

・・・つまり,飼い主は黒猫のお尻と間接キス?

いえいえ。飼い主は牛のお尻に腕を肩まで突っ込むのが日課だったことも
(一時的にですが)あるので猫のお尻との間接キスくらい屁の河童です。

ま,キレイ好きな人とは暮らせないよね。と,再認識するくらいのもんです。
部屋が汚部屋じゃないのが不思議なくらいだからな。はははは。

| | コメント (2)

滋賀芸人@アメトーク

アメトークで滋賀芸人特集やってます。笑えるー。

宮川大輔が比叡平小学校,皇子山中学だとは知らなかったぜ(笑)。

私は比叡平小でも皇子山中でもありませんが,高校での仲良しが全員といっていいほど
皇子山中学出身だったんですよねー。まさか全国ネットで「ひえだいら」なんて
言葉を聞こうとは思わなかったなー。

高校のとき映画部で「愛と哀しみの比叡平」って映画とったっけ。なつかしっ。

| | コメント (0)

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話

いわずとしれた体当たり漫画家西原理恵子の「働くこと」に関するエッセイ

人生と働くことはかなりの部分で重なるところがああるので,生き方とも同じ。

私自身は西原さんのような環境で育ってはいないのですが,

(しかし女流漫画家って時々想像を絶する育ち方している人いますよね。
内田春菊とか)

子供は親を選べない以上,育つ環境もかなりの部分が選べないわけで
それを乗り越えて生きるとはどういうことか,というのがテーマかなぁ,と。

逆にいえば,一見,良い環境で育った人にもそれがゆえに考え方やものの見方が
偏っている人もいたりするわけで,それは目に見えない呪縛のようなものだなぁ,と。
あからさまに悪いものではないだけに,たぶんその人は一生それに気がつかないでしょう。
それが不幸かどうかは,私が判断するものではないしね。

・・・でも,きっと自分にもそういうものがある気がする。
MOTに来て,いろんな人と話をしてだいぶ変わってきたところもあると思うけれど
自分にはまだ見えてない自分の呪縛がいっぱいありそうだ。

西原さんのこの本には他にも
・「客観性をもつ」ことは自分なりのスタートに立つのに必要
・人は引き返せない生き物である
・手で触れられるカネと手で触れられないカネ

みたいに,いろいろ自分なりに響く言葉がありました。
違うときに読んだら違うところが響くんだろうな,という感じがビシビシします。
この本,手元においておくことにします。

| | コメント (0)

その後のもやしもん<自家製糠漬けプロジェクト>

さて,自家製促成糠床のその後ですが。

ラブレをいれて2日放置,イーストをいれて一日放置。

さらにキャベツをいれて2日放置。

とか,キャベツなしで放置とかして,きゅうりとかにんじんとか適当に漬けて
てきとーにしてたら,なんか昨日あたりからおいしくなりました。
(週末はいそがしかったので2日放置していたのですが)

うむ。結局10日くらいかかってます。
やはり時間が必要だったようですね。

がってん情報のように膜が張るまでおいておくことはなかったのですが
糠床は多少変な匂いがしても気にしなくていいみたいです。まぜちゃえば(笑)。

糠床の熟成は糠床の味の違いが目安になると思います。
糠床が熟成されると,うまみ成分が増えて,作りたてのときに比べると
塩味を感じなくなるみたいです。前は糠床がしょっぱかったのですが
今では塩辛さを感じなくなりました。

自家製のきゅうりの浅漬け,うまいなー。ぼりぼり。
またお弁当つくろっかなー。

あ,ちなみに今糠床は野田琺瑯の琺瑯容器に入ってます。
野田琺瑯 ホワイト保存容器 レクタングル深型LL
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0007CM3GK/ref=s9_sims_c8_s1_p79_t1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-1&pf_rd_r=0QAHMEPFPSZ4DSQ35B2P&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376736&pf_rd_i=489986

たぶん糠床美人と同じ大きさです。使いやすいですよ。

| | コメント (2)

桜の週末

この週末は土曜にMOT初日で講義+新入生歓迎会
日曜日は京都で高校時代の友人の結婚式でした。

春っぽいめでたいイベント続きです。

しかし土曜日の新入生歓迎会では以前から準備していたイベントがあって
それがうまくいったので,ちょっとうれしかったせいか,単なる酒好きなのか
歓迎会後に帰宅するつもりが,ついついS木ゼミの飲み会に顔を出す・・・つもりが
席がいっぱいだったので,Iゼミに合流してしまい・・・・。
さらにそれからN先生たちと一杯いってしまい・・・。

結局何時に帰ったんだ。日曜日は朝一で京都にいかねばならんのに。

アホか,じぶん。

しかも帰宅したら右目のコンタクトないし(笑)。古いコンタクト残しておいてよかったー。

日曜日は結局二日酔いで新幹線にのりましたよ。あ~,しんどかった。
私自身はこれまであまり披露宴に出たことなかったので,
結婚式・披露宴はなかなか面白かったです。
高校時代のお友達にも久しぶりに会えたしね。

なんとなくやり遂げた感のある週末でした。でも明日からしんどいなー。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »