« British Pub | トップページ | 帰国しました。 »

英国食べ歩き?記録

初日の夜は上司が見つけておいてくれて中華料理屋さん。
本当はお肉を食べに行こうとパブに行ったのだが、日曜日で食事が終了していたのです。

Dsc_8233 これはスープ。他にもいためものとか。普通にウマイ。

翌朝のホテルの朝食。Traditional Breakfastを頼んだらこれが出てきた。

Dsc_8264 焼いたハム、焼いたトマト、ハッシュドポテト、焼いたソーセージ、スクランブルエッグ(?)、トマト味の豆

どれも普通に食べられますが、スクランブルエッグ(?)がゴムのような食感で謎。味はナイ。これだけはマズイ(が、上司はそうでもないと言ってました)。

Dsc_8266これが昼食に出てくるサンドイッチ。1週間同じ。

パンが日本のものよりしっかりしていて、もそもそしています。これがまずいといわれる原因らしいが、私はこういうパンは割と好きなので平気。ただ、チキンとスタッフィング?(謎のそぼろのようなもの)はあまり好きじゃなかったです。ハーブの使い方と食感がイマイチ。卵サンドはマヨネーズにまったく酸味がなく、これもまた卵がゴムのようになってます。正直マズイ。

月曜日の夜は日曜日に行けなかったパブに。

Img_0095グレイビーソースに興味があったので、羊肉の赤ワイン煮込みみたいなものを頼んでみた。おいしかったんだけど、いかんせん量が多い・・・。多少、羊特有の香りもあるので、これを大量に食べるのはキツかった・・・。

翌日からはホテルの朝食はビュッフェスタイルになってました。月曜の朝は人数が少なかったからホテルでサーブしてくれたようです。ヨーグルトとかフルーツとか普通に食べてました。クロワッサンうまし。

昼食は昨日とほぼ同じサンドイッチですが、まずいサンドイッチ対策にもちこんだキューピーマヨネーズで状況はかなり改善しました(笑)。これで卵サンドも食べられます。ビバ、ジャパニーズマヨネーズ!

今日(火曜日)の夜はイギリス人の人につれってもらって伝統的なPubへ。

Jacket Potatoという焼いたジャガイモを頼んだのですが、トッピングがいろいろあって、私が頼んだのはStilton and Mashroom。ブルーチーズとマッシュルームでしたが、これがめっちゃウマイ!

Img_0101 特別に再掲ww

途中で横をとおっていったステーキがこれまためちゃくちゃ良いにおいだったので、また来よう!と上司と盛り上がりました。

そして翌日の夜。昨日は来られなかった同僚を連れて同じ店を再訪。
今度は本日のお魚料理をオーダー。タラやサーモン、貝柱がたっぷり入ったグラタンでした。こいつもべっくらうまかった。結構量があったのですが、あっというまに食っちゃいました。

Img_0104 Img_0105

そしてさらに本来の目的であるステーキも。

このあたりで自分の腹周りが急激にヤバクなりつつあることに気が付き、ちょっと腹筋にはげむことに・・・。(イギリス人スタッフの胴回りとか結構すごくて、ちょっと不思議だったのですが、すぐに納得しました。この食生活はやばい。)

木曜日の夜はイギリスを訪問していたスイスのスタッフに連れられて、これまでイギリスのパブへ。こちらはちょっとレストラン風のお店でした。伝統料理に挑戦する私としては、今回は「British Beef and Ale Pie」をチョイス。

出てきたのはビーフシチューパイでした。こちらもべっくらうまかった。残念ながら写真がないので他人のを拝借。ちょうどこんな感じの料理でした。
http://www.flickr.com/photos/87871204@N00/2440573869

金曜日の夜は仕事終わりと同時にロンドンへ移動。ホテル近くのイタリアンで食べました。こちらは普通かな。

そしてホテルの朝食。
Dsc_8301まあイメージ画像みたいなもんですが。

イギリス飯は結構うまいというのが今回の印象です、はい。

土曜日はロンドン観光するので、どこかでFish &Chips食べるぞー。

|

« British Pub | トップページ | 帰国しました。 »

「食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« British Pub | トップページ | 帰国しました。 »