« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

ノイズキャンセリングヘッドフォン2

ノイズキャンセリングヘッドフォンを新調することにしました。

今使っているのは前のAudio-Technicaのやつから買い換えたDEN○Nのやつなんですが,これがぜんぜんダメ。なんつっても肝心のノイズキャンセリング能力がいまいち。値段はAudio-Technicaのやつの1.5倍もしたので,きっと効果も高いと思ったのに,電車のノイズや飛行機のエンジン音があまりキャンセルされなくてがっかりでした。

長時間フライトだとエンジン音がキャンセルできるかどうかは結構重要なのよー。

このDEN○Nのイヤフォン,最近はなぜか右のイヤフォン部分がはずれるようになってしまい(ねじ込めば治る),いいかげんイラついたので,またAudio-Techincaに戻すことにしました。今度はこちら。店頭で試してみたらかなりイイ感じだったのです。

しかし当面,DEN○Nのイヤフォンは買ってやらんぞ!!

| | コメント (4)

日本酒のみ会

最近話題のTwitterつながりで飲み会に行ってまいりました。

日本酒を飲む会と銘打っている会なのに・・・・自分が最年長っぽい。しくしく。

まあ,笑い転げて帰ってきましたけどもね。

しかし,日本酒好きであの蔵の酒が,タンクが,精米が,と語る人を見ているといつも,
MOTのM藤さんを交えて飲んだら面白いだろうなー,と思うんですよね。
日本酒でいうベリーとリンゴの香りについてだとか,精米歩合の限界と味の関係とか
M藤さんに聞いてみたらきっといろいろ面白い話が聞けるんだろうなー。

| | コメント (2)

ロンドン滞在記

ロンドンはヒースロー空港着。今回は3人いたので,ヒースローから目的地のダービーまでタクシーで運んでもらいました。便利便利。

イギリスの電車は階段や段差が多いので,大荷物で乗換えるのはつらいんですよね~。
ダービーまでは車で3時間弱。日本の感覚からいうと運転手さんはかなり飛ばしてた気がします。

ホテルは最近出来た近代的なホテル。お湯もたっぷり出るし,湯沸しポットは1Lもあるし,コーヒーと紅茶の備え付けもあって,いい感じです。バスタブがある部屋にアップグレードしてもらったらしい。(でも冷蔵庫と室内スリッパはない)

ホテルの部屋は壁が全面窓になっていて開放的でした。窓からの風景。
Dsc_8221

この日は7時ごろ着いたので,ダービーの街中で晩御飯。翌日からはUKのオフィスでお仕事してました。

オフィスでは日本人スタッフのみが会議室に缶詰でひたすら書類を作っていたので,現地スタッフとは資料の打ち合わせをちょこっとしたりする程度。英語で話す機会はあんまりありませんでした。

せっかくなのでダービーの大聖堂。これは初日の朝のお散歩中に撮ったもの。
Dsc_8256

ホテルの窓から見える教会は正面からみるとこんな。
Dsc_8259 Dsc_8263_3

自転車で通勤する人も結構多いです。イギリスは土地が全体的に平らなので,自転車にむいてるだろうな,とは思います。

ダービーから会社までむかう途中にときどき羊がいたのですが,なかなか写真はとれずじまいでした・・・。かわいかったのに。

土曜日は唯一のフリー日でロンドン観光です。まずはホテルの目の前のハイドパーク!
Dsc_8302 この日は一日中薄曇りの天気で写真はいまいち・・・。

ロンドンに騎馬警官がいるのは知っていましたが,ハイドパーク内は「馬乗り入れ可」なんですね。パーク内の道路に馬糞が落ちていたので,もしや・・・とは思っていましたが。

しばらく歩いているとこんな人たちが・・・。
Dsc_8308 一瞬,別世界に来たかと思いましたよ。

土曜日の朝9時にハイドパーク(東京でいうなら新宿御苑か?)で乗馬服を着て乗馬をする人たち。乗馬がスポーツとして根付いている階級の人たちなんでしょうねぇ。 しかし,この馬どこで飼ってるんだか?まわりはロンドンの街中なんですか。

Dsc_8338 こちらは騎馬警官。街中にいるときには後ろに車の渋滞ができていたりします(笑)。

Dsc_8305 ハイドパークは大きな公園なので動物もいろいろいます。

Dsc_8327 これはバッキンガム宮殿のほうにいたペリカン。

Dsc_8313 Dsc_8337 リス。観光客からクッキーをもらったりもしています。人気者です。

花もいくつか咲いていました。

ロンドンの桜。イギリスで桜を見るとは思わなかったけれど,ロンドンのサセックス通り(迷子になって歩くはめになった)は桜並木できれいでした。
Dsc_8315

Dsc_8335 水仙もところどころに植わっています。写真を撮る人,スケッチをする人,たくさんいました。

ハイドパークの端っこまで歩くと,バッキンガム宮殿が近くなので今度はバッキンガム宮殿に歩いていきました。有名な衛兵交代は11時30分だったので,待たずに退散。
Dsc_8322

バッキンガム宮殿から公園を抜けて,トラファルガー広場方面へ。
Dsc_8340 ネルソン像。後ろの建物はナショナルギャラリー 。見たかったんだけど,今回は大英博物館を優先!

というわけで,ナショナルギャラリーの横を抜けて,大英博物館方面に歩いていくつもりが・・・ナショナルギャラリーの横にあったナショナルポートレートギャラリーに惹かれてふらっと入ってしまいました。

ここは各時代の重要人物の肖像画の美術館で,チューダー朝,スチュアート朝といったように肖像画が飾られていて,歴史好きにはたまりません。

しかし,こういったイギリスの公的美術館は無料なのがうれしいですね。

さくっと見てまわり,あわてて大英博物館方面へとざくざく歩きます(歩くのか!)。

Dsc_8345 大英博物館!

実はこのときすでに12時を回っていたので,15時からのサッカーの試合のためには見て回る時間がなかったのです。とりあえず,古代エジプトと古代ローマのコーナーだけを早歩きで見てまわりました。

さすがに大英博物館。人も多いし展示物も多いです。もっとゆっくり見たかったよー。写真撮影も可なんだよね。絵じゃないからかなー。

ここからは地下鉄に乗り換えて,サッカーのスタジアムへ向かいました。サークルラインのトッテナムコートロード駅からノッティングヒルゲート駅で乗り換えて・・・・。

と思ったらノッティングヒルゲート駅で乗り換えの際に指示にしたがって歩いていたら,駅から出されてしまいました。道を間違えたかな?と思って再入場しようと思ったら混雑のためとかで入場不可。隣の駅を使うようにとの掲示がでていました。

しょうがないので,隣の駅まで歩いてみましたが,そこには「本日は運休。さらに隣の駅まで行け」の掲示が。なんですとー?

しょうがないのでもうひとつ隣の駅まで歩いていこうとしたら,途中で駅までの案内が消えてしまい,目的の駅さらに隣の駅まで歩く羽目になりました。おいおい。

どうやらなにかの工事で一部区間がこの週末に運休になっていたようです。ちょうど私が使いたい区間だったのが不運でした・・・。

幸い,たどり着いた駅は目的のスタジアムに行く路線だったので,電車に乗り込んで最寄り駅まで行きました。電車には試合を見に行くとおぼしきイギリス人がたくさん。最寄の地下鉄駅を降りるとぞろぞろと人が流れていくので,ついていくと自然にスタジアムに。

歩いていたら現地のよびこみの人に「ゲンキデスカー,コンニチワー」と声をかけられました。やっぱり日本人てすぐわかるのね。

チェルシーはロンドンをホームにするチームの1つ。チームカラーは青です。
Dsc_8347

残念ながら,アウェイで購入したチケットの予約票ではスタジアム受け取りはできなかったみたいで,試合を見ることはできませんでした。今度はもうちょっとうまくやろう。

スタジアム前のパブではチケットをもたない人たちが集まって飲んでいるらしく,キックオフ前から楽しげな歌声が聞こえていました。さすがにそこに入っていく勇気はなかったです。

地下鉄でホテルの最寄り駅まで戻り,姪っ子のお土産のパディントンベアを買って,歩いてホテルに戻る・・・はずが,駅からホテルと反対方向に歩いたらしく,気がつけば迷子に(涙)。にわか雨は降り出すし,暗くなるしで不安になり,しょうがなくiPhoneのデータローミングをON!

(iPhoneはVodafoneとのローミングでイギリスでも使えるのですが,データ通信は知らないうちに位置確認等で接続して高くつくのでオフにしていたのです。これをオフにしていると位置確認が使えない。)

現在位置を確認して逆方向に歩いていたことに気がつき,雨が小降りになったのを見計らってさくさくホテルに歩いて帰りました。あ~,疲れた。

結局,この日ロンドンで歩いた総距離は12.5kmくらいになるようです。よく歩いたなー。

| | コメント (2)

6月に沖縄

6月に沖縄で学会があるので,仕事で行きます。

前後で遊んできちゃおうかなー,なんて。会社の人と相談していたり。

前か後ろの土日をくっつけると2~4日は遊べるんだよね。

石垣島行っちゃおうかなー(笑)。

| | コメント (6)

4月になっても

まだ忙しいです。イギリス記録はしばしお待ちを。

要約すると。

・英語はあんまり使わなかった(なにしに行ったんだか)
・サッカー観戦はできず(チケットをアウェイで買ったためと思われる)
・地下鉄が一部運休&道を間違えてロンドン市内を数キロ放浪
・パディントン駅でパディントンベアを購入(姪っ子のおみやげ)

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »