フランス料理

今日はちょっとした機会があってフレンチを食ってきましたが。

お店の人にカシューナッツとピスタチオがあったら教えてとは言っておいたのですが
なかなか回答がこず,おそるおそる食べてました。

フランス料理って食材の原型が形をとどめていないものが結構あるので
アレルギーもちが食べると神経すりへりますね。

みじん切りがいっぱい入ってそうな料理はかたっぱしから分解してみたり
ペースト状のものはちょびっとなめて様子みてみたり。

楽しめないわー(涙)。

そしてやっぱりデザートにでてきましたよ。ピスタチオ。
ピスタチオは細かく砕いてデザートのお皿に散らしてありました。

食べる前にお店の人が気がついて,交換してくれましたけども。
そのまえに自分も気がついてましたけども。

このワタクシ,そんな分かりやすい罠にはかかりませんよ!!(誰に言ってんだ)

やっぱフランス料理のときはピスタチオ要注意です。
意外とデザートによく使われてるのよねぇ。
ま,今回は無事クリアーってことで。

| | コメント (2)

また食べちゃいました

この間の土曜日は夏休み明け,初Iゼミ!超緊張!!

しかもI先生の「今日はコンパだよな?」と当日の無茶ぶり。

ゼミ生みんな聞いてないっすよ~。店どうする?
そしてなぜか,飲み会の店のことならサイトーだよな,みたいな雰囲気に・・・。
いや,まあ,たしかに。この界隈の飲み屋リストでしたら携帯サイトに常に準備が(笑)。

そして先生のリクエストでお店は中華に決定。休憩時間にそそくさと予約しましたよん。
見た目こそ場末の喫茶店だが,料理がウマイ中華料理屋さん。しかも近所。

ゼミもそこそこの波乱で終わり,中華料理食べてたら
小皿に(私にとって)イヤ~な感じのナッツ片・・・。

ム。このナッツの表面の感じは・・・・間違いない! 

ワタシの天敵 『 カシューナッツ 』 だ !

もうこの料理,数口食べちゃったよ(汗)。
扁桃腺が反応してないから,もしかしてカシューナッツは食べてないかも・・・・。

と淡い期待を抱いたのですが,若干の胃腸反応が・・・(詳細は控えますが)。ヤバ。

症状があまりひどくないので,その後はお酒だけ控えて同席していましたが
途中からまぶたがはれてきた・・・。

うーん。一番先に顔から反応がでるのは初めてのパターンだなぁ。

結局,その後はまぶたがかゆいだけで,大したことなく,普通に電車で家まで帰りましたが
日曜の晩になってもまだ顔が一重まぶたのままです。

明日になってもなおらんかったら会社いくのやだなぁ・・・。

カシューナッツで当たるの,何年ぶりかな。2年ぶりくらい?
(前回はたぶんこれ

今回,症状が軽かったのは食べた量が少なかったからか
それともアレルギーがなおってきているからとか・・・?(←たぶんに希望的観測)

ちなみにゼミの内容は夏休み成果の「○」「△」「×」判定で

「○にちかい△」

をいただきました。テーマ変更提案だったのでそれが通って一安心。

次の発表は4週間後かな。ちょい余裕だ。

| | コメント (0)

弱り目に祟り目あるいは泣きっ面に蜂

三連休も出社したりすると,翌週のなかばには結構ボロボロになるもので・・・

(もうヘロヘロだわ~~ん)とか思いながら仕事をしていた水曜日のこと。

ふらふらしつつも仕事を終えて,夜9時からの宴会にあわせて,8時ごろに会社を出ようと思ったら・・・・荷物をいれているロッカーの鍵が・・・ない!

あれ?いつも机の上か引き出しに入れてあるのに?
机の上はほとんど物をおいていないので,どこかにまぎれこみようもないし,
仕事中着ていた白衣の中にもないし,自分の服にはポケットがないし。

引き出しの中にもデスク下のゴミ箱にもない。

おっかしいなぁ~。

そうこうしているうちに残っていた同僚達もあたりをさがしてくれたり,事務室に落し物を探しに行ってくれたり。みんな,すまんこってす。

仕方がないので,「鍵の救急車」に電話をして来て貰うことにしました。合鍵自体は本社にあるはずなんだけど,今日のところはしょーがねーなー。だってロッカーが開かないと荷物が出せないし,家の鍵もないんだもん。宴会にも行かないといけないしさ。

「鍵の救急車」さんは駐車場まで来たら携帯に電話をしてくれることになっていたので,同僚の帰省土産をつまみながら待っていた。

・・・・すると,喉の奥がピリピリとイヤーな感じに・・・

・・・・・!!

やばい!もしやこのお菓子にはワタシの天敵であるアレが入っているのでは!?


あわてて菓子箱のパッケージをひっくり返してみると

「 カシューナッツ 

の文字が。

うわ~~ん,やっぱり~~(;_;)

あわてて,水をのみ食べたものを吐くことに。えぐえぐ。

そしてトイレで戦っていると「鍵の救急車」さんから電話が。よりによって建物から離れた場所にいるらしい。むこうまで行って誘導しなくては。うう~,気持ち悪いよ~~。

「鍵の救急車」さんをロッカーまで案内したら,お菓子をもってきてくれた同僚がとても申し訳なさそうな顔をしていた。でもこの場合,悪いのは確認せずに食べた自分なんだよねぇ。「いや,悪いのはワタシだから」とは言っても,やはり持ってきた人としては気が咎めるよなぁ。

「もしワタシが帰ってこなかったら,かばんの中の財布でお金払っておいて~」

と言い残して,またトイレにかけこみ,ひたすら吐く。もうこうなったら,できる限り水を飲んで吐くしかないのです。ただ,もうこの時点では鼻の奥が腫れ上がって,口でハァハァ呼吸するしかないので,水を飲むのも大変。

あ~,もうこれは宴会に出られない・・・と観念して(ようやくか!),幹事のSさんにメールで欠席を連絡しました。折り返し電話をもらったけれど・・・出られませ~~ん。ごめんなさ~い。

なんとか一息ついて,職場に戻るとほどなくロッカーが開き,支払いを済ませて一安心。カバンのなかにある対アレルギー常備薬(花粉症の薬だけど)を飲みこんで,相変わらず申し訳なさそうな顔をしている同僚に「大丈夫,大丈夫。たぶん大したことにはならないから」と言って,同僚を帰宅させました。

そして,ふたたびトイレにこもるワタシ(苦笑)。一番怖いのは呼吸困難と血圧低下なので,自分で脈をとりつつ血圧チェック。大丈夫。まだ脈とれる。<意外と冷静

つーか,自分で脈とれなくなるころには歩けないのでは。ま,いいか。

病院に駆け込む判断としては呼吸が苦しくなるかどうか(<こうなるとかなりやばい),つぎのポイントは帰宅しても大丈夫かどうか,そして帰宅できるかどうか,だったりする。さっきに比べて鼻の腫れは少し治まったようだが,消化管症状がつらいな・・・。とりえあず,荷物をもってタクシー乗り場まで行くか・・・。どうせ病院に駆け込むにしても救急外来はタクシー乗り場の前だ(笑)。(ちなみにワタシの職場はとある病院に隣接している)

この時点の状態で翌日の定時出社が難しいことは明白なので,伝言板に「明日の出社は昼or夕方」と書いて,いちおう退社しました。明日はどうしてもやらねばならぬ実験があるので,絶対に出社せねばならんのです。でないと一週間の実験がパーになってしまう。それはヤダ。

退社したとはいうものの,結局のところ職場のロビー(や付近のトイレ)でしばらく様子を見ていました。症状は少し治まってきたけど,点滴うってもらったほうが症状が早くひくだろうし,明日出社するためにはそのほうがいいかも~,と思って救急外来にいくことに。

救急外来の受付を済ませて窓口へ行くと,血圧と体温,酸素飽和度を測るように言われました。血圧ね,下がってないと思いますよ。酸素飽和度も。案の定,血圧は123-71。体温は36.7度,酸素飽和度99%。正常だ。前に入院したときは酸素飽和度90まで下がったもんね~。

このころになると腕のあたりに痒みが出てきました。あ~,今回は蕁麻疹までいかないで済むかと思ったのに,やっぱりダメだったかぁ・・・。看護師さんに「皮膚科の先生くるから待っててくださいね~」といわれて,待っている間に痒みは両腕から背中,お腹へ・・・かゆいよ~~。

診察室に通されて,「まずはお話聞かせてくださいね」と言われて研修医のような若い先生にこれまでの経過を話すことに。こうやって話している間に症状がすすむんで,早いとこ抗ヒスタミン薬を打ってほしいんですけど。

皮膚科の先生と別の研修医らしい先生が来て,また一通り話しをしてから,先生たちは症状がひどくなる前でとどまっているのでステロイドなしでヒスタミン薬だけでいいだろうという相談をしている。

そうです,そうです。ステロイドいらないので,抗ヒスタミン薬点滴してくださ~~い(笑)

思わず「そうそう。それでお願いします」とか言ってしまうワタシであった。飲むより点滴のほうが絶対効きそうだもん。

お医者さんに「これから症状がひどくなることってあるんですかね?」と聞いたら,「症状のピークは30~60分なので,それはないと思いますよ」という答えが返ってきた。そうか,60分過ぎればいいのね。いいことを聞いた。今度から参考にしよう。

「今回はすぐに吐いたから軽くて済んだんですね。皮膚の反応は強くでちゃいましたけど」と先生。もちろんですよ。そのために苦労してトイレで吐いたんですから。

そして,このころには,蕁麻疹が顔にまで・・・。うわー。顔は腫れがひかないから,明日までに戻らないかも~・・・。やだなぁ。

そして,抗ヒスタミン薬&点滴をしてもらいましたが・・・・。

誤算だったのは点滴一本にかかる時間でした・・・。3時間かかった・・・。

点滴の途中で終電大丈夫かと聞かれたときに,さっさと抜いて帰してもらえばよかったなー。終わったら真夜中まわってましたわさ。

タクシーで家に帰り,こういう時のために常備してあるアイスノンで顔をひやしつつ寝ました。かゆみは点滴のおかげでだいぶひきつつありますが,さすがに胃が気持ち悪いです。

結局,朝になっても顔の腫れはひかず,昼前までひたすら温湿布と冷湿布を繰り返し,顔が9割がたもとに戻った時点で出社しました。

あ~,えらいめにあった。食物アレルギーはほぼ一年ぶりでしたが,やっぱキツイっす。一度やると内臓にこたえます。油断しちゃいけませんな。

| | コメント (9)

カレー復活

去年のちょうど今頃,食物アレルギーを起こしました。原因食品は

「インドカレー」(サラダ,ラッシー付)

当時は「カレーのどのスパイスが原因かわからん!」「エスニック料理禁止!」

とか言われていたのですが,その後もインドカレーなど食べないにもかかわらず何回かアレルギーを起こし,今では原因食品は「カシューナッツ」「ピスタチオ」(どちらもウルシ科植物の種子)と推定しています。たぶん最初のカレーにも入っていたのでしょう。

で,カレーは何が入っているかわからないのと,ちょっとトラウマになっているのとがあってこの1年食べていません。カレーライスはさほど好きではないとはいえ,カレーパンもカレーうどんもカップヌードルのカレー味すら!(いや,カップヌードルはノーマル派だからですが)

そんなある日(今日だけど),職場にある売店にお昼を買いに行きました。

弁当売り場ではお兄さんが「夏野菜のカレーできたてですよ~」と声をあげていました。

カレーかぁ・・・おいしそうだけどなぁ・・・。あたったら怖いしなぁ・・・。ナッツはいってなければたぶん大丈夫だよねぇ・・・。

というわけでお兄さんに「このカレーってナッツ入ってます?」聞いてみることにしました。そのお兄さんは裏の調理場にいる料理長まで聞きに行ってくれました。

シェフの答えは「ココナツしか入ってない」ということだったので,できたての「夏野菜のカレー」を購入しました。

職場に戻って,お茶をいれて,念のため,ルーを軽く一口舐めて・・・・

お,けっこう辛い。

(30秒経過)

舌がヒリヒリする・・・・

(1分経過)

ちょっと体温あがってきた?やばい??

(3分経過)

大丈夫・・・・かな・・・・?

アレルギーの原因食品を食べるとすぐに喉の奥が腫れて鼻が詰まったみたいになるので,これくらい反応がなければ大丈夫・・・な,はず・・・・。

よし!くっちゃえ!!

もぐもぐもぐもぐもぐもぐ

・・・というわけで「夏野菜のカレー」完食しました。おいしかったです。

べつにアレルギーも起こしませんでした。スパイスのおかげでクーラー効きすぎの職場でも体ポカポカでしたが。

実はスパイスが原因食品である可能性も少し残っていたのですが(なら食うなよ),これでその可能性はだいぶ小さくなりました。原因食品がマイナーだと検査で確認できないから,自分で試さないといけないのがつらいとこです(なら試すなよ)

これでめでたくメニューにカレーが復活させられそうです。台所のカレー粉捨てなくてよかった(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大当たり~!

今日は夕方から本社で大学の先生の講演会があったので,それを聞きに行く予定だったのですが,講演会前に行われたチームミーティングで後輩が出したお菓子にビンゴ。

外国のお菓子だったみたいで,変わった風味がするなー。と思っていたら別の子が「ピタチオの味がする」という。小指の先の半分くらい,ほんのちょっとだけ食べて様子をみてたら,ずーっと喉に引っかかってるヘンな感じが。

あ,これヤバイ。(もうあたるときは大体わかる)

30分程度のミーティングを終えて,原因食品はさっさと自発的に排出(笑)。しかしアレルギー反応はすでに始まっているので,これがどの程度で収まるかと様子を見つつ待機。

ちょっと収まったかな,と思って遅れながらも講演会に行こうと会社を出たら,すぐに途中で動けなくなってしまった。しょうがないのでもう家に帰ることにした。

つーわけで,食品アレルギーの原因物質推定レースの第一位に

「カシューナッツ,ピスタチオ」 ← ウルシ科植物の種子

が浮上しました!(うれしくない)

ちなみに第二位は「ビール」。

この間までは「アルコール」が疑い食品第二位だったけど,チューハイなら平気だったのでここは「ビール」に変更。これを確認するためにはノンアルコールビール「ホッピー」を飲めばいいわけだ。ホッピーで反応すれば原因食品はビール酵母由来成分。反応しなければ原因食品はアルコール,というわけ。そのうち試してみよう(おい)。

そんなこんなで早く帰宅したらアマゾンで買った商品を受け取ることができた。060303_190401

ドラッカー先生の本は本屋で見かけて読みやすかったので欲しかったもの。でも重かったり,本屋で積んであるのはどれも表紙が傷んでいたりで買う機会を逃していた。

右のDVDは某お笑い芸人のソロライブのDVD。これは当たらなかったかも。2002年のライブだけど,同じコンセプトで04年にやったライブの方が面白かった(DVDすでに入手済み)。当たり前か。芸人進歩してるんだな。えらいな。

この2つを同時に買う私の頭の中。一度自分で見てみたいもんデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会で撃沈

昨日は会社の新年会があったのですが,乾杯ビールをちょこっと飲んで料理を一皿(立食形式だったので)食べたところでおかしくなった。

鼻と耳の奥が腫れたような変な感覚。あー,またアレルギーだよ・・・。

会場のはじっこで症状と会場が落ち着くのを待ってそそくさと退散。症状は大したこと無かったがまずいことにまぶたにジンマシンが出てしまった。顔の腫れって引かないんだよね・・・。案の定,朝になっても腫れはひかず,会社はお休み。まあいいか。年明けでほとんど仕事ないし。

うーん,年末にゼミ仲間と飲んだときは大丈夫だったのになぁ。その翌日,ネット仲間と飲んだ時はアウトだったか。今回の敗因は一体なんなんだろう。帰省疲れかなぁ・・・。

いっそのこと,外で酒を飲むのは完全に止めた方がいいのかも・・・。その通りなんだけど,酒好きとしてはその決断はちょっと踏ん切りが(苦笑)。なんとかして安全に飲む方法はないだろうか(こら)。とりあえず確実なのは「平日は飲まない」だな。うえーん(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)