技術経営修士

最近,名刺に「技術経営修士」を入れました。
英語版は「Master of Management of Technology」

もう50枚くらい配ったけど,この間配ったお客さんが初めて「この技術経営修士っていうのは・・・?」と聞いてくれました。

単なる話の継ぎ穂だったのか,興味があったのかは知りませんが,MOTのなりたちや現状,学ぶとどんないいことがあるか,理科大おすすめ,なんてのを3分くらいで語りましたよ。(みじかっ!)

あの人が技術経営に興味をもってくれるといいなぁ。

| | コメント (0)

Graded Readers

英会話教室の先生に,英語を書けるようになるためのいい方法はなんですか?と聞いてみたら

「読むことです」

といって,Graded Readersというシリーズを勧められました。

やっぱりそうかー。私は日本語を書くのは比較的得意だけど,それだって(子供の頃の)読書があるからだしねー。

Graded Readersは他の先生でも勧めてくれる人がいたんですよね。これって,単語のレベルを何段階かに分けた英語学習者あるいは子供向けの本らしい。世界の名作とかが単語レベルや表現をやさしくして書き直されているものらしいです。

というわけで本屋さんで探してとりあえず簡単そうで面白そうな「Chemical secret」という本を買ってきました。塗料メーカーで働く生物学者が犯罪を犯す話らしい。分野が近いので理解しやすそうだし,面白そうなので買ってみました。英語のレベルはちょっと低めかな。知ってる単語しか出てきません(笑)。

数ページ読んでみて分かったこと。

・現代物の小説を読むと日常的な物事に対する英語表現が増えてよい。
(実はこれまで,ライフサイエンスか経営学かファンタジー小説でしか原書を読んだことがなかったのだ!そして,そのいずれにも日常的な単語はほとんどでてこない。)

・ストーリー上の文脈に沿って出てくるほうが,単語や表現の定着率が高い。
(表現の機微がわかるというか。こういう場面で使うんだ,とイメージしやすいというか。)

うむ。やっぱり英語力は話す,聞く,読む,書くのバランスをとれというのはホントなのね。

これが終わったら次は何を読もうかな。楽しみになってきた。
原書で読むオススメの英米文学情報,募集します(笑)。

| | コメント (0)

英会話教室でウケるネタ

I used to ほにゃらら~(私は以前~していました。)
のフレーズを勉強していたときのこと。

「I used to study veterinary sciences in my university.」

とか話していて,なぜか農場実習で牧場で牛をロープで捕まえるように言われた話に。英語で話すのに苦労するわけですが,意外とウケました。まあこれは日本語でもウケるワタクシ的”すべらない話”なわけですが。

ちなみに類似のすべらない話に羊の群れに薬を飲ませる話があります(笑)。

そんでもって,その時の先生が私のレッスン記録にどうやら私が獣医だと記録したらしい。今日の先生は初期の頃によくみてもらっていた先生だったのですが,今日はひさしぶりにあたったと思ったら(ベルリッツは講師は固定ではない)レッスンの後半になって

Are you qualified vet? Really? Why don't you practice?

とヒートアップ。実はこの先生,犬飼ってるんだよね~。つーわけでしばし獣医談義(ただし英語で)。学位も持ってると言ったら,「モッタイナイ」と(日本語で)言われました。

日本語では「臨床は老後の楽しみ」とかふざけている私ですが,英語だと「Practice is my hobby」とか言ってます。ほんまかいな。まあ,「老後の楽しみ」が英語で言えないだけです。

英語がしゃべれる獣医は見つかりましたか? と先生に聞いたら,「いない」と言われました。先生の地元に来て開業して,とも言ってたな。

獣医ネタは意外と英語圏でもウケるー。ラッキー。

| | コメント (3)

English speakerは早口?

今日の英会話レッスンでDVDを見たのですが,登場人物があまりに早口で聞き取れませんでした。

レッスン後に「あれが普通のスピードなのか?」と聞いたところ,

「彼はちょっと早口だった。でもすごく早いというわけじゃない」との答え。

そして続いて言うことには

「僕らだって早口の人の全部の単語を聞き分けてるわけじゃないよ。主な単語を聞き分けて意味をつなげるんだよ」

らしい。なんだ,そうだったのか・・・・。
それじゃ私らのやってることとあまり変わらないじゃんか・・・。

だまされたっつーか,安心したっつーか。
別に早口英語の全部を聞き取る必要ないわけだ。なるほど。

さて。イギリスのテレビドラマでも見るか。

| | コメント (3)

オタク的集中力

1月の終わりから英会話教室に通っています。

1回40分のレッスンを週4レッスン以上でこなすという倍速コースで40レッスンを
申し込んだのですが,さらのその倍のペースで消化しています。
この集中っぷりが我ながらオタクだなぁ,と思わずにはいられません。

先週やってきたドイツ人の超!早口な英語が聞き取れずにweep涙目だったのですが
今日のレッスンが終わったときに先生に,「流暢さもコミュニケーションも
かなり改善されてるよ」と言ってもらえたので,ちょっとほっとしました。

本日はカウンセリングもあって,アウトプット重視で訓練するといいのではとの
アドバイスももらいました。うん。がんばろう。

| | コメント (2)

ビールゲーム

木曜日には前期に続いて,後期も組織論の補習「ビールゲーム」のお手伝いに行ってまいりました。
(ちょい遅刻しました。すいません)

流通の落とし穴(というか仕組み?)を実感するためのゲームなのですが,今回はみなさん比較的優秀でした,あまりぶっとんだ結果にはならなかったです。

というか,前期がすごかったから,その比較で普通に見えたのかも。

このゲームルールの周知がちょっと難しくて,毎回いつも手こずるんですよね。
出荷数の制限とかあるので,わかりやすく作業できるような工夫ができればいいんですが・・・。

シミュレーションするエクセルシートは作ったんだけど,これを実地で使うには
各チームにPCが必要になるんですよねぇ・・・。

| | コメント (2)

英語の勉強

英語の勉強のために教育テレビで放送している「トラッドジャパン」を見ています。

意外と知らない日本文化についての解説があったりして面白いです。
今日のテーマは「囲碁」。

囲碁のルールを初めて知りましたよ,私。
いやぁ,勉強になるなぁ。(なんのだ)

この間までやっていた3か月トピック英会話「ハートで話そう!マジカル英会話」が良かったので,最近は大西泰斗先生の「イメージ英文法」にハマっています。今やっている「ネイティブ発音塾」もいいけど。

英単語は日本語単語と1対1ではないことは分かっているので,いくつかの単語はイメージでとらえていたんだけど,前置詞や分詞構文についてはそうはいかなくてねぇ。ましては自分のイメージがあっているかどうかもわからないし。

というわけで,Amazonでガツガツとお買い上げ。
今日も仕事で英語のメールを書いてきたわけですが,さっそくいくつかの知識が役に立ちました。単語や前置詞で悩む時間が短くて済むようになるのは助かるなぁ~。

しかし,英語マニュアル本増えてきたなぁ・・・。

| | コメント (4)

縁とは異なもの

今日はMOTの入試説明会に行ってきました。

グループに分かれてお話をするときに,名刺を出したら
ごそそごそと鞄から「日本の技術経営に異議あり」を出され

「この6章を書かれた人ですよね?特にこの章に感銘を受けたんです。」とのこと。

企業で研究をされている方だそうで,いろいろ思うところがあったらしいです。
ちょっとうれしい。

珍しい名前なので,字面ですぐバレちゃうんですよね。

名前つながりでいうと,同じテーブルにいたもう1人の方は,
父方の伯父&従兄弟と同じ会社の方でした。
親戚がいるんですよ,と言ったとたんに「サイトーのお知り合いですか!」。

従兄弟も同じ苗字だから,バレバレだよね。
その人は私が知らない従兄弟の携帯番号を知っていました(笑)。
当の従兄弟も理科大云々聞かされたって別の従兄弟しか思いつかないだろうしなー。
(実は理科大出身の同じ苗字の従兄弟がもう1人いるのである。)

いやー,なんだかんだいって世間せまいせまい。

| | コメント (3)

「日本の技術経営に異議あり」

MOTシンポジウムでもらってきました。

Img_0048

思ってたよりぶ厚かったです。

読んでない章がたくさんあるから,楽しみだなー。
でもなかなか読めそうにないけど。

「現場からの告発」というセンセーショナルな副題は先生がつけました。
「現場からの提言」とかはどうですか・・・? という控えめな提案は却下されました(苦笑)。

購入したいかたはこちらからどうぞ。(Amazonへのリンクですが,アフィリエイトじゃないです)

| | コメント (0)

本が出ます

Iゼミの出版プロジェクトの本が発売になります。

日本企業の技術経営に意義あり

自分の作業のタイヘンなところは4月か5月に終わっているので,ちょっと昔のことのような気がします。あの頃は前の会社だったんだよねぇ。

この中の1章(それも共著)ですが,興味のある方はお手にとってみてください。

個人的には装丁を楽しみにしています。

著者には2冊もらえるそうです。わくわく。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧